東京大学 大学院工学系研究科 マテリアル工学専攻 イオニクス(山口)研究室
Ionics Laboratory, Department of Materials Engineering, School of Engineering, The University of Tokyo

ホーム 行事 プロジェクト 講義 その他 リンク

ホーム >  概要 | 研究テーマ | 研究指導 | 学会発表 | ポスター

Update

「マテリアル電気化学」講義資料ウェブサイト(2016/4)開設しました(アクセスは学内限定).

[このページの一番上へ]


概要

イオン移動現象に基づくさまざまな化学反応を取り扱う学問分野をイオニクスと呼び, 燃料電池や環境モニタ用センサ,ナノイオニクスリアクタなど,環境・エネルギ分野で 鍵となるデバイスへの応用が期待されている.本研究室では,イオン輸送とその反応 を利用するイオニクス現象を利用したデバイスや材料の基礎物性について研究を行っている.

[このページの一番上へ]


研究テーマ

【ヘテロ接触界面におけるナノイオニクス現象】

● 次世代型低温作動固体酸化物型燃料電池(SOFC)への応用
  ・固体酸化物型燃料電池(SOFC)のための酸化物プロトニクス材料の開発
  ・ソフト化学的手法によるプロトン伝導性酸化物の低温合成
  ・超高圧プレスを利用した高濃度プロトン欠陥導入酸化物の材料開発

● 構造制御による酸化物ヘテロ界面制御とナノイオニクス効果の解明
● 原子スイッチデバイスの開発
● 電子分光による不定比化合物中の欠陥における局所電子構造解明
● 酸化物中のプロトン拡散・表面反応機構の解明

[このページの一番上へ]


研究指導

● 「常識」,「専門分野」にとらわれないユニークかつ大胆な発想を重視.
● 定期的な研究成果発表と日々の綿密な研究指導.徹底的な個人指導.
● 研究プロジェクトリーダーとして「ナノイオニクス研究」で世界をリード.
● 異分野への積極的なチャレンジ.刺激的な研究環境.

[このページの一番上へ]


学会

日本固体イオニクス学会電気化学会日本金属学会日本鉄鋼協会資源・素材学会応用物理学会日本物理学会 などが活動の中心である.発表は実力を試す絶好の機会であり,大学院生には国際学会も含め,毎年1回以上の発表を期待している.

[このページの一番上へ]


ポスター

2007年研究室紹介ポスター

[このページの一番上へ]

お知らせ




連絡先


〒113-8656
東京都文京区本郷7-3-1
東京大学 大学院工学系研究科 マテリアル工学専攻
教授 山口 周(03-5841-7078)
*
山口研究室(03-5841-7140)
*